男性医師

皮膚科で行なえるほくろ除去|コンプレックスは気軽に解消

リーズナブルな施術

整形治療

顔にあるほくろは女性にとってコンプレックスになるほど嫌なものです。場所や大きさによって異なりますが、切除を真剣に検討している人も多くなっています。ほくろ除去はほくろの良性、悪性によって変わります。悪性であれば、病院で治療できます。

詳しくはこちら

ほくろを簡単に取る治療

ドクター

顔にたくさんのほくろが有って悩んでいる方は多いです。ほくろが有ると他人の視線が気になり、快適に過ごせなくなります。皮膚科では、そんな悩みを解消するべく、ほくろ除去で炭酸ガスレーザー治療を行っています。これは、主に突起のあるほくろ除去に有効です。そもそも炭酸ガスレーザーは、水に吸収されやすい性質があります。なので、ほくろに照射することで、細胞の内側の水分と反応して熱を発生させられます。その熱の力で、ほくろを瞬間的に気化、蒸散させて除去できます。この治療では痛みの心配をする方が多いですが、術前にクリーム状の局所麻酔を行います。なので、レーザー照射中は、全く痛みは感じないです。さらに、出血や術後の痛みもほとんどないです。当日からシャワーが浴びられるので、気軽に皮膚科で受けることができます。

皮膚科では、炭酸ガスレーザーによってほくろ除去を行っています。数分くらいのレーザー照射で完全にほくろ除去ができるので、多くの方が相談に来ます。しかし、皮膚科での施術後には、患部をきれいに保つ上で注意点が有ります。それは、照射後の治療部位は徐々にかさぶたになっていきます。そのかさぶたを無理やり剥がさないことです。無理やり剥がしてしまうと、患部に刺激を与えて色素沈着を引き起こします。かさぶたは1、2週間で自然に取れていくので、あれこれいじらないほうが良いです。その他の注意点は、施術後の数ヶ月くらいは紫外線対策をしっかり行うことです。施術後は肌が敏感で、紫外線の影響を受けやすくシミになりやすいからです。なので、日焼けしないように注意したほうが良いです。

治療の特徴と注意点

婦人

ほくろ除去は皮膚科や美容皮膚科で受けることができる治療です。良性のほくろなら、どんなものでも取り除けます。除去する方法として一般的なのがレーザー治療です。小さいほくろであれば、一回のレーザーで除去できます。

詳しくはこちら

ほくろが気になるのなら

フェイス

できてしまった場所や数によっては、特に顔においては非常に目立ってしまうため、コンプレックスになってしまうことがあるのがほくろです。そんなほくろは、ほくろ除去施術によって取り去ることが可能になっています。メスを入れることなく、レーザー機器での治療となるため、傷跡も残らずに治療が可能なのです。

詳しくはこちら

Copyright© 2016 皮膚科で行なえるほくろ除去|コンプレックスは気軽に解消 All Rights Reserved.